auひかりをNNコミュニケーションズで契約後、ONUとホームゲートウェイはいつ届くか

auひかり ONU ホームゲートウェイ 宅配便 荷姿 NNコミュニケーションズ

僕の場合は、13日後に自宅に宅配便で届きました。

自宅の光回線の工事を予定している日は申込みから17日後ですので、4日間余裕を持って必要な機材が送付されたことになります。

NNコミュニケーションズで申し込みをした時に伝えられていた日程で、書類や接続に必要なものが届き、開通に向けて順調に進んでいます。

このページでは、本日届いた機材の中身を紹介します。

GE-PON ONU

auひかり ONU 光加入者回線終端装置 NNコミュニケーションズ

GE-PONはGigabit Ethernet-Passive Optical Networkの略です。

また、ONUはOptical Network Unitの略で、光加入者回線終端装置の意味です。光回線のコンセントからつなぐ装置がこれです。

三菱電機製で、H06NU6という型番です。

外形寸法は150(W)✕35(D)✕120(H)mmで、この後紹介するホームゲートウェイに比べるとコンパクトです。

光ファイバーケーブルは曲げに弱いので、配線する時に直径80mmより小さく折り曲げないように注意が必要です。(説明書にも注意書きがあります)

 ホームゲートウェイ

ホームゲートウェイ Aterm BL1000HW NEC NNコミュニケーションズ 白

もう一箱同梱されていたのが、ホームゲートウェイです。

この機器は、先ほど紹介したONUの先につなぐもので、無線LANのアクセスポイントにもなります。

現行の無線LANの規格には、通信速度の遅いものから速いものまでいろんなものがありますが、IEEE802.11 acはもちろんのこと、Draft IEEE802.11 axにも対応しています。

回線開通後に今までのソフトバンク光と比べてどの程度の速度の違いが出るか実験するのが今から楽しみです。

このホームゲートウェイには有線LANのポートを4つ備えており、1つのポートは10Gbpsのデータ転送速度にも対応しています。(残りの3つは1Gbpsまで)

余談になってしまいますが、有線LANを全く使わずに、何でもかんでも無線LANでつなぐのは、とてももったいない事だと考えています。

確かに無線LANで接続すると、パソコンを移動させやすくなりますし、配線もスッキリします。

ですが、有線LANは無線LANより通信速度が7〜8倍速いです。無線LANの電波の強さによっては、10倍ぐらい変わることもあります。

ですので、デスクトップPCをインターネットにつなぐ時は、なんとかして有線LANで接続できないか考えるようにしています。

https://js-lb.com/2020/01/04/comparison-between-au-hikari-and-softbank-hikari/

重要なお知らせ

今回送付されたホームゲートウェイの箱の中には「ご利用開始のご案内」というA5サイズの書類が入っています。

この書類の中には、基本契約番号、契約サービス、利用開始日、電話サービスの契約内容の他、au IDなどが書かれています。

さあ、後は光回線の工事が無事に完了するのを待つだけです!



auひかり

スポンサーリンク