北海道旭川7泊8日の旅(vol.3)サイクリングコースの選定

いざ、「旭川をサイクリングしよう!」と思っても、一体どこを走るのが良いのか悩みますよね。そんなあなたの為に、石狩川流域でおすすめのサイクリングの情報をまとめてみました。

石狩川流域サイクリングマップ

旭川周辺のおすすめのサイクリングコースを調べる時は、「石狩川流域サイクリングマップ(旭川・美瑛編)」を使うのがベストだと思います。「石狩川流域圏会議 事務局」より2017年3月(新しい!!)に発行されており、無料でもらえます。

実は、私はこの地図の存在を知らず、グーグルでおすすめのサイクリングコースを調べて周遊しました。iPhoneですと画面が小さいので、コース全体を俯瞰するような見方ができなくて、少し不便でした。

私がサイクリングする前にこの地図を入手していたら、別のルートに挑戦していたかも知れません。このページをご覧の方は、事前にサイクリングマップを入手することをお勧めします。サイクリングルートの検討にも、とても役立つと思います。

このサイクリングマップは、旭川駅構内の「旭川観光物産情報センター」(自転車を借りたのもココです)で無料で入手できます。旭川観光物産情報センターには、様々なパンフレットや地図が多数取り揃えられていますし、係の方もとても親切ですので、立ち寄る価値があると思います。ネットよりもタイムリーな情報を入手できますよ。

石狩川流域のサイクリングコース

先ほど紹介した「サイクリングマップ」には、6つのコースが取り上げられています。

1.ファミリーコース 初級 約40km
「川の街あさひかわ」を巡るコースです。初級者向けのコースですが、約40kmもあります。フルマラソン並ですね。お子様連れの方は「ファミリーコース」という言葉に騙されない(!?)ように、注意してくださいね。

私はこのコースを若干変更して反時計回りに走りました。

2.リバーサイドコース 中級 約40km
忠別川や牛朱別川沿いを巡るコースです。河川敷や堤防を走ることが気持ちよさそうです。アップダウンがあまりきつそうでは無いコースですね。このコースを走っても良かったかなと思っています。

3.ヒルサイド美瑛コース 中級 約60km
このコースも良さそうです。川の街から丘の街へ続くコースです。事前にこの地図を入手していたら、このコースを選んでいたかも知れません。パッチワークの丘から見える十勝岳連峰と田園風景が魅力的ですからね。ただし、アップダウンが続くのと、距離も少し長くなりますので、普段自転車に乗っていない方やレンタルサイクルでは、ちょっとハードだと思います。

4.まるごと周遊コース 上級 約100km
旭川・東神楽・東川・美瑛を周遊するロングランコースです。たっぷりと堪能したい方におすすめのコースです。

5.スタンダードコース 初級 約35km
美瑛駅スタートの初級コースです。丘の景観やアップダウンを楽しめるコースです。十勝岳連峰の雄大な風景とアップダウンの多いパッチワークの丘(ケンとメリーの木)などを楽しめます。

6.自然を楽しむコース 中級 約60km
パッチワークの丘から忠別川沿いに広がる田園風景、大雪山連峰を見ながら忠別ダムへ行くルートです。

私は年に10回ぐらい、自宅付近をロードバイクで50〜70kmぐらい走っており、1日の最高距離は100kmぐらいの経験があります。

このサイクリングマップに示されているような距離を走ったことのない方が、いきなり走ろうとすると、ちょっと大変かも知れません。ご自分の体力(脚力)に合わせてコースを設定すると良いと思います。もちろん、このサイクリングマップの通りに走る必要はないので、途中で引き返したりすることももちろん「アリ」です。

レンタルサイクルですと、どうしても自分の体型に合わない部分がありますので、サイクリングの途中で、お尻、腰、膝などが徐々に痛くなってきます。不慣れな土地ですので、引き返したくなった時に、簡単に帰って来れそうなルートを選択することも大切だと思います。

私自身は、できるだけ車道を避けて、土手や河川敷を多く走れるようなコースにアレンジしてサイクリングしました。

あと、女性の方は「トイレ」の問題もあるかも知れません。私の走った「リバーサイドコース」では、途中の「永山みず辺緑地パークゴルフ場」に、男女別の比較的綺麗なトイレが有ったので助かりました。私の走った石狩川沿いには他にも2箇所ぐらいトイレがありました。

次のページで、実際のサイクリング途中の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク