北海道旭川7泊8日の旅(vol.5)サイクリング ファミリーコース40km

牛朱別川(うしゅべつがわ)を土手沿いに上っていくコースは、ほとんど平坦でしたので、サイクリングには快適なコースだと思います。

私が走ったのは、10月9日(体育の日)の10:00AMぐらいだったので、サイクリングしている人とすれ違ったり、追い越されたりするかなって思っていましたが、牛朱別川では誰とも出会いませんでした。(たまーに、散歩している高齢の方を見かけるぐらいでした。。)

ふと、不安なことが。。。(実はワタクシ心配症なんです)

普段、地元でサイクリングする時は、パンクしても修理できるように、予備のチューブや空気入れ、タイヤ外しレバーなどを携帯しています。しかしながら、今回は何も持っていません。ましてや、このように人里離れた場所です。

「うわ、ここでパンクしたらどうすんねん(使い慣れない関西弁)」

独りごちる私(ジェイズ)でした。。

路面を普段より少しだけ注意深く観察して、小石や段差でパンクしないように心がけました。

牛朱別川沿いを走ると、晩秋の旭川ののどかな田園風景が続きます。

初めて走る場所で、自分がどこにいるのかがよく分からなくなるので、時々iPhoneのGoogleMapのお世話になりました。このあたりも、心配症な性格がよく出ています。。

以前紹介した「石狩川流域サイクリングマップ」では、途中で旭山動物園の方に向かうルートになる(だから、ファミリーコースっていうのかな。。)のですが、私はひたすら牛朱別川を上って、永山新川にぶつかるところまで進みました。

今サイクリングマップを見ながら振り返ると、旭山動物園まで行けば良かったな〜って思います。旭山動物園には一度も行ったことありませんし、それほど大回りな距離でもなかったので。。私は動物にはあまり興味がないのですが、全国的に有名な旭山動物園の入り口だけも見ておけばよかったです。

さて、今回のサイクリングコースで、私が(勝手に?)折り返し地点と位置づけていた、「上野ファーム」に到着しました。ここまで、スタート地点の旭川駅から1時間20分ぐらいです。

紅葉が見事ですね。少し中に入ってみようかなって思いましたが、入場料がかかります。。。

私としては、入り口から見られる雰囲気だけで十分堪能(?)できましたので、先へと進みます。

ここから先は、永山新川(ながやましんかわ)と石狩川を下っていくルートになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク