なぜグーグルサーチコンソールのクロール数が急増したのか

グーグルサーチコンソールのクロール数って、巷では「あまり気にする必要がない」って言われることがありますが、私は毎日のように確認しています。

このページにお越し頂いたあなたにも、そんなことはありませんか?

自分のサイトの分析って面白いですね

私は別のサイトを2ヶ月半前ぐらい(2017年7月)に立ち上げています。

このサイトとは全然趣向の異なるサイトですが、

「どこの」「誰が」自分のサイトの「どのページ」をアクセスしているのか?とか、

「Googleからどんな評価を受けているのか?」「検索順位は何位か?」ということが、毎日データとして見られるので、とても楽しいです。

自分で試行錯誤しながら作ったサイトが、世の中にどのように受け入れられているのかを、リアルタイムなタイミングで、客観的な数字としてフィードバックされることが楽しいです。

そんなわけで、私は一日に何度か、GoogleAnalyticsにアクセスしたり、GoogleSearchConsoleの情報を確認したりしています。

クロール数の激増

生まれて初めて自分のサイトを持ってから、そんな楽しい2ヶ月半を過ごしてきたのですが、最近、突然クロール数が大幅に増えて驚いています。

今までは、一日に100前後のクロール数でしたが、2017年9月末からは毎日のように2000〜3000ぐらいのクロール数になっています。

実は、2017年8月末に一度、「ボカン」とクロール数が爆発的に上昇したことがありました。

この時は20〜30PV/日程度のアクセス数から、100PV/日前後のアクセスとなった記事が一つだけ(例の国に関連する記事です)ありました。その後は、クロール数がまた元の状態に戻ってしまったのですが、今回はちょっと様子が違います。

クロール数が急増した理由(仮説)

最初に思いついた理由として、当該のサイトで9月末頃に話題になったIT系の体験談を紹介したところ、今までのアクセス数が100PV/日に満たないサイトが、700PV/日に急増しました。それがクロール数が急激に増えた理由なのかもしれません。

ただし、当該のサイトは全体で80ページ弱のボリュームしかありません。それにもかかわらず、クロール数が2000を超えるような日が最近は多くなって驚いています。

これって、単純計算すると2000÷80=25なので、1ページあたり25回/日もGoogleさんが巡回してくれているって解釈で正しいのでしょうかね??だけど、何で同じページを一日に何度も巡回する必要があるのかがよく分かりませんね。

クロール数に関連する記事について、ネットでいろいろと検索すると「Googleが価値あるサイトとして認めてくれている」「サイトに有用な記事が大量にある」というような情報がある一方で、「クロール数とアクセス数には因果関係がない」というような記事もよく見られます。

自分としては、「Googleさんが自分のサイトに関心を示してくれている」という程度の理解にとどめながら、今後の変化について分析をしていきたいと思います。

スミマセンが、「クロール数が急増した理由」と章立てしておきながら、決め手となる仮説が立たない状況です。

こういう分析ってとてもおもしろいです。自分の性に合ってるなって、つくづく思います。

何ヶ月か経ったところで、その後の状況をお知らせしたいと思います。

【関連記事】
グーグルサーチコンソールのクロール数 3ヶ月平均が1000を超えました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク