エックスサーバーでグーグルサーチコンソールに自分のサイトを登録する方法

サーチコンソールはSEO(Search Engine Optimization)では必須のツールだと思います。

サーチコンソールに登録することによって、グーグルが自分のサイトをどのように認識しているかを知ることができますし、検索キーワードや掲載順位などを多面的に分析することができるようになるからです。

新しくサイトを作った時、グーグルサーチコンソール(Google Search Console以下サーチコンソール)に登録する方法はいくつかあります。

ですが、サーチコンソールの設定画面って分かりにくいですよね。特に私のような初心者にはハードルが高く感じます。

このページでは、エックスサーバー(X-Server)にWordpressをインストールしてサイトを構築している人が、新たにドメインを取得してサイトを立ち上げた時に、サーチコンソールへ登録するための手順(方法)を紹介していきます。

新しいサイトを立ち上げた時に一度やるだけの作業ですので、私自身どうしても忘れがちですので、自分の備忘録としても残しておこうと思います。

サーチコンソールの操作手順

サーチコンソールのホーム画面で、右上にある「プロパティを作成」のボタンをクリックします。「プロパティ」という言葉が分かりにくいですね。私はサイトの「新規登録」のような意味と捉えています。

サーチコンソールに新しいサイトを設定する時は、このボタンから始めると考えれば良いです。

サーチコンソールの「所有権の確認」の意味は?

「所有権??そんなの自分のサイトなんだから、私に所有権があるに決まってるじゃん。。」って思いますよね。

あなたがどれだけ「このサイトは自分のサイトだ」と言っても、グーグルには伝わりません。

あなたのサイトのURLは全世界に公開されているわけですが、そのURLの所有権があなたにあるということを客観的にグーグルに分かってもらう必要があるわけです。そうしないと、第三者がサーチコンソールを使ってあなたのサイトの分析ができるようになってしまいますからね。

では「あなたのサイトがあなたの所有物である」ということをグーグルはどのようにして知るのか?ということになります。

それは、グーグルが指定したファイルや文を、あなたが自分のサイトの中に埋め込むことによって解決します。

あなたが所有しているサイトであれば、あなた(或いはあなたが許可した者)しか、サイトの改編はできないはずです。そこで、グーグルが指定したファイルや文をあなたのサイトに埋め込んだ後で、グーグルがあなたのサイトにアクセスした時に、そのファイルや文があれば、グーグルが指示した通りのことが行われた訳ですので、あなたがサイトの所有者であることがグーグルに証明される訳です。

サーチコンソールの「所有権の確認」の手順

1.このHTML確認ファイルをダウンロードします。

これは、リンク先をクリックするだけですので簡単ですね。そうすると、あなたのパソコンのダウンロードフォルダ内に「googleXXXXXXXXXXXXXXXXX.html(Xはランダムな文字列)」というファイルがダウンロードされます。

先程の説明で言うと、これが「グーグルの指定したファイル」ということになります。

2.確認ファイルを「https://YYYYYYYYYYYYY.com(Yはあなたが新しく作ったサイトのURL)にアップロードします。

「え、これだけの説明?」

初心者の私はここで何時間も悩み、作業が頓挫してしまいました。

どこに(サーバー内のどのフォルダ?)、どうやってアップロードする(FTPとかのソフトを使う?)のかがサッパリ分からないからです。

世の中には様々なサイト構築の環境がありますので、全ての環境に合うように説明ができないのでしょうね。

確認ファイルのアップロード方法

ここからは、私のようにエックスサーバーと契約している方向けの操作方法となります。

やることは、先程ダウンロードしたファイルをエックスサーバー上の「どこかのフォルダ」にアップロードするという作業です。どこのフォルダなのかは後段で説明いたします。

ところで、エックスサーバーのログイン画面には「インフォパネル」「サーバーパネル」「ファイルマネージャ」「Webメール」のタブがあります。

今回はファイルの操作を行うわけですので、「ファイルマネージャ」をクリックし、ログインします。

そうすると、エックスサーバー上に作成されているフォルダやファイルがエクスプローラーのように表示されます。

最初の画面ではあなたが新しく作ったサイトのURLをクリックします。すると、下の画面のように、右上の「パス」のボックスにあなたが新しく作ったサイトのURLが表示され、左側にはフォルダがいくつか表示されます。

上の画面から、「public_html」をクリックして一階層深い階層に入ります。

この階層で「ファイルのアップロード」を行います。

「選択」のボタンを押した後、先程サーチコンソールでダウンロードしたファイルを指定します。

1つ注意する必要があるのは、過去にサーチコンソールの所有者確認で確認ファイルをダウンロードをしたことがある場合です。今回新たにダウンロードすると昔のファイル名との重複を避けるために、自動的にファイル名の末尾に(2)とか(3)が付いている可能性があります。

私は失敗を避ける為、アップロードした後でファイル名を変更して(2)を取り除いておきました。(もしかすると不要な行為かもしれません)

サーチコンソールから自分のサイトにアクセス

確認ファイルのアップロードが終わったら、再びサーチコンソールの画面に戻り、今度は3の作業を行います。作業と言っても、リンク先をクリックするだけです♪

上手くいくと、下のような画面が表示されます。

再びサーチコンソールの画面に戻って、「私はロボットではありません」のチェックボックスに印を付け、確認ボタンを押すと作業完了です。

最後に「(あなたのサイトのURL)の所有権が確認されました」というメッセージが表示されれば成功です。

エックスサーバーでグーグルサーチコンソールに自分のサイトを登録する方法のまとめ

・サーチコンソールでダウンロードした「確認ファイル」は、エックスサーバー上の新しいサイトのフォルダ内の「public_html」にアップロードする。

これが、今回の一連の設定作業の一番のポイントになるでしょう。

今日はこんなところで。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

エックスサーバーでドメイン名を追加取得する方法



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク