【冷や汗】エックスドメインの更新期限を過ぎたらすぐにドメインが無効になるか?

結論を先に言いますと、無効にはなりませんでした。

更新期限の数か月前にエックスサーバーから

【Xserver】■重要■ドメイン更新期限に関するお知らせ(js-lb.com)

というタイトルのメールが届いていたのですが、

「まだまだ先のことだから大丈夫♪」

って思っていたら、本日すでに支払い期限を過ぎていたことが判明し、慌てて契約更新の手続きしました。

私の場合は支払い期限の翌日だったので、問題なく更新手続きができましたが、これが「契約期間(=利用期限日)」を過ぎてしまうと、結構ややこしいことになりそうです。

このページではエックスサーバーやエックスドメインの契約更新について紹介します。



エックスサーバーから届く契約更新の案内メール

エックスサーバーからは契約更新の案内が届くのですが、契約の切れる結構前にメールが届きます。

過去のメールを見直すと、メールを受領したタイミングに法則があることに気がつきました。

利用期限日:9月29日

支払期限日:8月29日

最初の契約更新メール受領日:7月1日

2回目の契約更新メール受領日:7月31日

3回目の契約更新メール受領日:8月30日

僕の場合、契約更新の支払い期限のタイミングが8月29日なんですが、最初にエックスサーバーから契約更新の案内が届いたのは7月1日でした。

ちょうど、支払期限日の60日前に最初のお知らせが届いていたことになります。

次に契約更新の案内が届いたのは、7月31日でした。

これは支払期限日の30日前に当たります。

そして、3回目は8月30日。。これが今日僕が慌てて手続きした理由となったメールですが、支払期限日の翌日です。。。

せめて、支払期限日の前日にメールを送ってくれたら、こんなに慌てなかったのに>エックスサーバーさん

エックスサーバーやエックスドメインの利用期限日と支払期限日には1か月のタイムラグがあります

本当にヤバイ(=ドメインが使えなくなる)のは、利用期限日を経過したのに契約更新をしていないケースです。

僕の場合は、利用期限日を経過したわけではなかったので、エックスサーバーのインフォパネルから問題なく手続きができました。

慌てていたので、警告メッセージが出ていた時の画面イメージをコピーしなかったのですが、赤字で「支払期限日を経過しています~~」という警告メッセージが表示されているだけで、契約更新の手続きが完了した後は、通常の画面に戻っていました。(下の画面は契約更新手続きの後です)

エックスドメイン エックスサーバー 利用期限日を経過 過ぎた 契約更新 ヤバイ OK 更新できた

今後もブログ運営を続けるなら、3年単位の更新もアリかも

10月から消費税が10%になります。

エックスサーバーやエックスドメインの料金も消費税の増税に伴って、支払額が増えることが想定されます。

僕は少なくともこのブログ運営を今後3年間は続けられそうなので、エックスサーバーの契約もエックスドメインの契約も3年にしました。

エックスサーバーの場合は、キャンペーンで一つだけ無料のドメインが付いてくるので、無料ドメインを使っている場合なら、サーバーの契約だけを考えれば良いです。

僕の運営している他のブログサイトは、今後やめる可能性もあるので、とりあえず1年単位の毛役にしています。

サーバーの契約状態の管理と、ドメインの契約状態の管理を一元的にできることも、エックスサーバーが使いやすい理由の一つですね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク