シンプルな木製のゴミ箱をDIYする方法(その1)

構造用合板を使ったゴミ箱の紹介です。

実はまだ上蓋を取り付けていません。乗せてあるだけです♪

ゴミ箱の中は、こんな感じです。

ゴミ箱の内側に斜めに打ち付けている釘はコースレッドと呼ばれるものです。

ここにゴミ袋を引っ掛けることを考えています。

OSB合板は結構重いので、引き出しやすくするために、自宅で使っていなかったキャスターをつけました。

これから全3回で、構造用合板(OSB)製のシンプルなのゴミ箱の作り方を紹介します。

手っ取り早く設計するページからご覧になりたい方は、こちらからどうぞ
シンプルな木製のゴミ箱をDIYしました(その2)設計〜制作




木製のゴミ箱をDIYすることになった経緯

今まで、我が家で使っていたゴミ箱です。

経年劣化で、ゴミ箱本体の合成繊維がボロボロになってしまいました。

金魚すくいの「タモ(ポイ)」みたいですね。。

妻から、「ゴミ箱を何とかしてほしい」と頼まれる度に、

「うん、自作するつもりだから。。」と言って、何ヶ月も放置しておりました。

このゴミ箱は台所で使用しているもので、主にプラスチックのゴミを捨てる時に使っています。

我が家のゴミの中で、一番体積が大きくなるゴミは、プラスチック系のゴミです。

食品トレーや容器、お菓子の袋など、プラスチック系のゴミのオンパレードといってもいいかも知れません。

サイズは、底面が300mm角、高さが550mmあります。結構デカイですよね。

我が家では、このゴミ箱を2つ並べて使っていました。もう一つの方は、ビンとかペットボトルなんかを入れています。

今回「ゴミ箱を自作しよう!」と考えたのは、キッチンのスキマの寸法にピッタリ合うサイズで、そこそこデザインが良く、お値段も手頃なものって、お店ではなかなか見つからないからです。

もちろん、DIY自体が大好きであることも理由の一つです。

木工系のDIYは久しぶりだったので、血が騒ぎました(笑)

ゴミ箱をDIYする時にこだわったこと

今回のDIYでは、こんなことにこだわってみました。

  • シンプルなデザイン
  • 安い(材料費の目標は2,000円以内)
  • 簡単に作れる

近くのホームセンターに行ってきました

昨日は、ゴミ箱のアイデアを浮かべるために、ホームセンターに行ってきました。

最終的には、木材(OSB)で作ったのですが、実はホームセンターでは頭のなかで試行錯誤を繰り返しながら、ゴミ箱をどんな材料で作るのが良いか思案していました。

DIYごみ箱の材料の検討 その1 布orテープ

いま使用している、ボロボロのゴミ箱の骨格は、金属製の細い棒です。

ですので、ボロボロになった繊維を取り除いて、何か布かテープのようなものを巻きつけることを考えました。

比較的簡単にできそうな感じがしたのですが、

  • 意外と費用がかかる
  • ゴミ箱としての強度が不足する可能性がある

ということで、却下となりました。

DIYごみ箱の材料の検討 その2 プラダン

次に考えたのは、「プラダン」です。

1820mm×910mmのサイズで、700円ぐらいで買えますので、「これはいいかも!」って思いました。

しかしながら、

  • 黒か白の無地のデザイン。切り口が美しくなさそう。安っぽい?
  • 強度が不足する?
  • すぐに表面がデコボコしたり、傷が付きそう。
  • プラダン同士の接合方法をどうするか(テープ?、リベット?、ハトメ?、ホッチキス?)

ということで、こちらも却下です。

DIYごみ箱の材料の検討 その3 木材

それで、最後にたどり着いたのが、木製のゴミ箱です。(足場作りに使う「単管パイプ」も脳裏をよぎりましたが、室内ではちょっとゴツすぎますよね。。)

さて、木製と言っても、さまざまな種類の材料がホームセンターには売っています。

2×4、パイン材、ベニヤ板、、、高価なものですと、タモとかありますけど、完全に予算オーバーです。軽く5,000円以上になってしまいます。。

ツーバイフォーなら安くできそうですが、「ゴミ箱にしては厚みがあり過ぎる」ということで、これも却下です。

あと、「すのこ」を分解するか、貼り合わせて作る方法も考えたのですが、こちらは予算オーバー(百均なら予算的に何とかなったかもしれません。。)

という訳で、昨日ホームセンターに行った時も、収穫なしで帰るところでした。

そんな時に、コレを見つけました。

OSB合板」と呼ばれる材料です。

OSBはOriented Strand Boardの略で、木片やチップを高温・高圧にして接着したものです。

ですので、表面を見ると、こんな感じでランダムな木片のデザインが露出しています。

OSBは構造用合板の位置づけの材料となります。主な用途としては、建築資材として、住宅の壁面等の強度を出す目的で使用することが多いのではないかと思います。

これを見つけた時に、「インテリアにもいけるかも!」ってピンと来ました。

しかも、1820mm×910mmで1,050円、安い!

私の頭の中では、「ピカっ!」と光るものを感じました。

うん、これは行ける!

という訳で、OSBを使ってゴミ箱を作ることにしました。

昨日は、ここまで決定した段階で、帰宅して設計図を書いてみることにしました。

すぐに、このOSB板を買って帰りたいところですが、1820mm×910mmもありますから車に入らないので。。しかも、結構重たい。

(続く)

シンプルな木製のゴミ箱をDIYしました(その2)設計〜制作

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク