ソフトバンク光の通信速度が遅い時の対処方法

私は今までauひかりを使っていたのですが、ちょっとした好奇心で先日「ソフトバンク光」に乗り換えました。

工事も終わって、接続してみたら

「ものすごく遅い(重い)」んです。。。

「うわーー、やってしまった」「auひかりから乗り換えなければよかった」って一瞬思いましたが、すでに工事も完了しており、後の祭り。。

試しに、通信速度の測定で有名なサイト「RBB SPEED」で測定してみたところ、こんな感じでした。

接続環境はWindows7のPCをLANケーブルで接続した状態です。

下り:3.22Mbps
上り:159.53Mbps

これって、外出した時にスマホを4Gで接続した時のスピードより遥かに遅いスピードです。

このページでは、ソフトバンク光の通信速度(スピード)を上げる為の簡単な方法について、紹介します。

※私はauひかりソフトバンク光の両方を使っていますので、最後に両社の比較コメントを掲載しました。

ネットのみでも一括でキャッシュバック40,000円【auひかり】


ソフトバンク光の通信速度を速くするポイントは「光BBユニット」を使うことでした

結論としては、ソフトバンク光で使用する機器は「ひかり電話対応ホームゲートウェイ」だけではNGで、「光BBユニット」も接続することによって、最適な通信速度が得られることが分かりました

下りで、500Mbpsぐらいのスピードが常に出ています。

我が家に届いた通信機器

ソフトバンク光に契約した際、我が家に届いた機器は2つあります。

最初に宅配便で自宅に届いたのが、これです。「光BBユニット」と言います。

工事の日に、施工業者の方が持ってきてくれたのが、これです。「ひかり電話対応ホームゲートウェイ」と言います。

「ソフトバンク光」開通当初の接続方法

最初は「光BBユニット(上の写真の白い方の機器)」を使わずにインターネットに接続していました。

こんな感じの接続の仕方です。

光ファイバーのコンセント
↓(光ファイバー)
ひかり電話対応ホームゲートウェイ
↓(有線LAN)
自宅にあった無線LANルーター
↓(無線)
iMACやスマホ

あと、ホームゲートウェイには有線LANの差込口もついていますので、メインのPCは有線LANで接続していました。

なぜ、このような接続の仕方にしたかと言いますと、光ファイバーの工事業者の方と話をしている最中に

「光BBユニット無くてもインターネットにつなげますよ」

「もし、光BBユニットをレンタルしてるんでしたら、月々の費用がもったいないから、返却してもいいんじゃないですか?」

っていうことを教わったんです。

「ただし、他のサービスと抱き合わせで契約している場合もありますから、その点は確認された方がいいですよ」

とも教わりました。

私は、「ナイス、アドバイス!」と心のなかで叫んでいました。工事してくださる方も人ですから、こちらがオープンな雰囲気で話をすると、いろいろと教えてくれます。

実際に、ひかり電話対応ホームゲートウェイだけあれば、ネットに接続できます

工事の方が言ってた通り、「ひかり電話対応ホームゲートウェイ」だけあれば、ネットに接続することができました。

ただし、冒頭で紹介したとおり

激遅(げきおそ)の通信速度です。

私は、「ソフトバンク光はこんなもんか。。。」って諦めざるを得ませんでした。

光BBユニットのレンタルを解約するためにソフトバンクに電話してみました

せめて、少しでも月々の料金が安くなれば、自分の気持ちを鎮めることができそうだったので、早速「ソフトバンク光」に電話して、「光BBユニット」のレンタル契約を解除したい旨の電話をしてみました。

すると、ソフトバンク光のオペレーターからは

「お客様は、スマホもソフトバンクですので、光BBユニットのレンタルを解約されますと、『おうち割光セット』の割引が適用外となりますので、トータルの料金としては光BBユニットのレンタルを解約されない方が良いと思います」

との回答です。

おおお、工事業者の方が言ってた通りだ!

という訳で、結局光BBユニットのレンタル契約は解除しませんでした。

新しいもの好きの私は、何でも試してみたくなるんです♪

割引を適用させるための契約とはいえ、光BBユニット(白い方の機器です)を新品のまま箱の中に眠らせておくのはもったいないので、試しに接続してみました。

これが、運命の分かれ道だったと思います(ちょっと大げさかな。。)

今現在はこんな感じで接続しています。

光ファイバーのコンセント
↓(光ファイバー)
ひかり電話対応ホームゲートウェイ
↓(LANケーブル)
光BBユニット
↓(LANケーブル)
自宅にあった無線LANルーター
↓(無線)
iMACやスマホ

メインのPCは光BBユニットから、有線LANケーブルで接続しています。

光BBユニットを接続した翌日に届いたSMS

次の日に何気なくソフトバンクから届いたSMSを見て、びっくりしました。

どうやら、光BBユニットを接続すると、自動的にその状態を認識して、「IPv6 IPoE+IPv4接続方式」の設定が始まる様子です。

このメールとは別に、「設定中は電源を切らないで下さい」という案内も届きます。

今振り返ってみますと、工事業者の方の話は半分は正しいのですが、一番肝心の通信速度を早くするための方法として、「光BBユニットは必須ですよ」ってことを教えてくれなかったので、今ひとつな感じがしますね。とても良い人だったんですが、知らないのかな。。

光BBユニットを接続して大正解でした!

今現在は、ソフトバンク光に乗り換えて、体感的にも、測定値としても、とても良好です。

体感的にはauひかりを使っていた頃と変わらない感覚です。

下のスクリーンショットは、本日(2018年1月27日(土))の夕方の通信速度の測定値です。測定はRBB SPEED TESTで行っています。

下りの速度で557Mbps出ていますので、まずまずの結果だと思います。

ソフトバンク光の通信速度問題のまとめ

「光BBユニットを使う!」

この一言に尽きます。

ソフトバンク光に契約したんだけど、遅い!ってお困りの方は、私と同じように「光BBユニット」(白い方の機器)を使っていないor契約していないのではないでしょうか?

今日の記事が、他社の光回線からソフトバンク光への乗り換えをお考えの方や、ソフトバンク光に乗り換えたんだけど、通信速度が遅すぎてお困りの方のお役に立てますと幸いです。

ちなみに、自宅のインターネット回線とスマホをソフトバンクで揃えると、ソフトバンク光の料金が割引されます。また、スマホがソフトバンクですとYahooプレミアム会員に無料になれますので、ヤフーショッピングのポイントが常時10倍付きます。

ネットやスマホ関係の通信費のトータルと、日常的な買い物でTポイントが常に10倍(5の付く日などのキャンペーン中はさらにポイント増量)付くことを考えると、「auひかり」よりも全体としてのコストパフォマンスが高いと思います。

別ページで、私がソフトバンクからもらったキャッシュバックや割引キャンペーンなどを詳細に記録していますので、参考までにどうぞ

ソフトバンク iPhone8+ソフトバンク光の維持費(6ヶ月目)

SoftBank光キャンペーン



今更ですけど、ソフトバンク光はおすすめしません

だって、「auひかり」の方が速かったですから。。

700Mbpsの時代に戻りたい。でも、スマホも自宅のネットもソフトバンクにしたことによって、Tポイントをたくさんもらえてるからいいか。



私の場合、UQモバイルから違約金の請求書を受け取るまでに1ヶ月かかっています。それから3ヶ月後に、キャッシュバック適用連絡を受けています。 実際には5月からキャッシュバックが適用される(実際には10,260円の解約金を一度にキャッシュバックされる訳ではなく、1,026円/月×10月に分けてキャッシュバックされる)ので、カード決済している私としては、6月の引き落としからキャッシュバックの恩恵を受ける
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク