ドライブレコーダーは運転席側に取り付けるべきだと考える理由

BMW 5シリーズ ドライブレコーダー 取り付け位置 運転席側 バックミラー 右隣

僕はDIYでドライブレコーダーを取り付けたのですが、カーショップやディーラーにドライブレコーダーを取り付けを依頼する方も多いと思います。

そんな時にお店で

ドライブレコーダーをどこに設置しますか?

ドライブレコーダーの取り付け位置はどこがお好みですか?

などと聞かれた時、あなたはどちらを選択しますか?

一般的には僕の取り付け方と逆の位置の

バックミラーの左側(助手席側)に付けて下さい

と依頼するケースが多いと思います。

なぜなら、ドライブレコーダーをバックミラーの左側に設置すれば、運転手の視界の妨げになりにくいと考えるからです。

ですが、僕はあえてバックミラー右脇の運転席側に取り付けました。

このページでは、僕がバックミラーの右側(運転席側)にドライブレコーダーを取り付けた理由を解説します。

最初に結論をお伝えすると、緊急時にドライブレコーダーの操作をしやすい位置に設置することが大切だからです。

ドライブレコーダーを取り付ける目的

ところで、あなたがドライブレコーダーを取り付ける目的は何でしょうか?

事故の瞬間を記録する

変な言いがかりや因縁をつけられた時の証拠にする

等々、ドライブレコーダーを取り付ける目的があると思います。

その目的に合った位置にドライブレコーダーを設置するという視点でさらに考えてみます。

ドライブレコーダーの常時録画の仕組みの注意点

ドライブレコーダーは”衝撃を検知した時(※)”にその瞬間の映像を上書きしないエリアに保存してくれます。

ですが、ドライブレコーダーが衝撃を検知しない時は人が操作をしない限り、録画を上書きするエリアに保存し続ける仕組みになっています。

ドスンと車や人などにぶつかれば、ドライブレコーダーの衝撃を検知するセンサーが作動して、自動的に事故の発生前後の数秒〜数10秒間を上書きされない保存用のフォルダに保存してくれます。

ですが、ドライブレコーダーが衝撃を検知できないような事故であったり、あなたの前後を走っている運転手が降りてきて言いがかりをつけてきたような時は衝撃そのものがありません。

従って、あなたがドライブレコーダーを操作しない限り、その映像は上書き可能な領域に録画されてしまいます。

このようなドライブレコーダーの持つ動作特性を理解していないまま、事件や事故の後運転を続ける(正確にはドライブレコーダーの電源が入った状態が続く)と、保存しておきたい映像が何時間後かには別の映像に上書きされてしまい、肝心の証拠映像が無くなってしまいます。

(※)安価な機種ですと、この機能自体の信頼性が低いものもある様子です。

運転席からドライブレコーダーの操作がしやすいことが大切

不幸にも何か記録に残したい事件や事故に遭遇してしまった時に、

運転中であっても簡単に操作できる位置にドライブレコーダーを設置しておいた方が良い」

というのが、僕がドライブレコーダーをバックミラーの右脇(=運転席側)に付けている理由の一つ目です。

「この瞬間の動画は保存しておきたい!」という時に、すぐに保存ボタンが押せるかどうかがポイントです。

僕が購入したドライブレコーダーは写真を撮る機能もついていますが、手の届きにくい位置にドライブレコーダーを設置してしまうと、いざという時にドライブレコーダーを操作して写真を撮ることは不可能に近い気がします。

バックミラーの右脇に付けるとドライバーの視界を遮るのではないか

一方で、ドライブレコーダーをバックミラーの右脇に付けてしまうと、

視界に入って運転時に邪魔くさい

運転手の正面左前方の視野を遮る

という反論があるかも知れません。

確かに、視界に入ります(笑)

ですが、安全上の問題はあまり発生しないのではないかというのが僕の見解です。

なぜかというと、ドライブレコーダーをバックミラーの右脇に付けた時に遮られる視野は、前方正面上部の範囲が中心となるからです(図1)

正面から車や人が来たりしている時であれば、ドライブレコーダーが取り付けてあったとしても十分見えるはずです。

ドライブレコーダー 助手席側 設置場所 死角 少ない メリット

逆にバックミラーの左側にドライブレコーダーを取り付けた場合は、左側の視野の一部が隠れてしまうことがある(※)ので、左側から飛び出してきた車や人に対する反応が遅くなる可能性があり、個人的にはこっちの方が気になります(図2)

(※)運転席からドライブレコーダーを見た時に、バックミラーで完全に隠れてしまう位置でしたら問題ありませんが、「操作しにくい」という問題は残ります。

ドライブレコーダーの設置位置に関するまとめ

・おすすめの位置はバックミラーの右側(運転席側)
・いざという時に操作しやすい位置にドライブレコーダーがあることが大切
・運転席側に設置すると最初は邪魔くさく感じるが、すぐに慣れる。死角はそれほど生まれない
・むしろバックミラーの左側に設置した時にできる死角に注意
・3か月に一度ぐらいはドライブレコーダーを使ってみることも大切(いざという時に使い方が分からないと役に立たない)
今日はこんなところで

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク