ふるさと納税におすすめのクレジットカード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるさと納税は、返礼品が実質タダでもらえることから、僕は2014年から毎年利用しています。

ふるさと納税自体がお得な仕組みですが、クレジットカードで納税するとポイントがもらえるので、さらにお得になります。

このページでは、ふるさと納税の支払いでで5%分のポイント(※)がもらえるクレジットカードを紹介します。

先にお伝えしますと、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード(セゾンゴールド・アメックス)です。

今年から僕は実際にセゾンゴールド・アメックスを使ってふるさと納税をしています。

(※)ちなみにセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレスカードでふるさと納税を行うと、ポイント還元比率は10%となります。

セゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカードを使ってふるさと納税するメリット

寄付金額の5%分のセゾン永久不滅ポイントがもらえることが最大のメリットです。

例えば10,000円の寄付を行うと、返礼品に加えてセゾン永久不滅ポイントが5%分(=500円)付きます。

実際に何がどれだけ得になるか?

僕の事例を紹介します。
セゾンのふるさと納税のサイトは初めて使うサイトですので、試しに10,000円分寄付してみました。(2021年6月にのセゾンのふるさと納税のサイトから寄付)

税金でいくら得するか?

簡単に言えば(※)、収めるべき10,000円分の税金をふるさと納税で前払いしているだけなので、税金で得するわけではないです。
所得税 2021年度分で控除
住民税 2022年度分(2022年6月〜2023年5月)の住民税で控除
(※)正確にはその年に収めたふるさと納税の金額の合計から2,000円分を差し引くことになります。合計10,000円なら8,000円、合計100,000円なら98,000円となります。つまり、2,000円は純粋に寄付したと考えてよいでしょう。

税金以外に得するもの

(その1)返礼品
訳ありお米14kg
「訳あり」と言っても僕の感覚では品質上何も問題がないので、少しでも量の多いものをいつも選択するようにしています。
(その2)ポイント
アメックスのポイント 5%分
今回のポイントは10,000円×5%=500円
わずか500円ですが、寄付金が増えればその分ポイント還元額も増えます。
僕は10万円以上の寄付をすることが多いので、永久不滅ポイントだけで5,000円以上もらえる計算となります。今年からお得度が増します。

セゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカードを使ってふるさと納税するデメリット

セゾンゴールド・アメックスカードは年会費が11,000円もかかるのが、最大のデメリットです
僕の場合は、「年間で1回以上カードを使えば年会費無料」という条件でカードを作れたので、年会費はデメリットとはなっていません。

ふるさと納税の申し込みは慎重に

なぜなら、一度申し込むとキャンセルすることが難しいからです。

Yahoo!ショッピング、楽天、Amazonなどのショッピングサイトでは申し込み直後であれば、サイトからキャンセルができる場合が多いですが、セゾンのふるさと納税のサイトではキャンセル手続きができません

実は僕自身、申し込んだ直後にもっとお得な商品があることに気づいたので、キャンセルしようとしました。

ですが、寄付した自治体まで問い合わせする必要があったのでめんどくさくてキャンセルするのをあきらめました。

セゾンのふるさと納税のサイトから返礼品を申し込む時は慎重に。




スポンサーリンク