普通二輪免許(中型バイク)を取ってすぐに大型二輪免許(大型バイク)を取ることにした理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はちょうど1週間前普通二輪免許(中型バイク)卒検に合格し、2日前に免許センターで免許証の交付を受けてきたところです。

公道で一度もバイクを運転したことがありませんが、僕はいきなり大型二輪免許(大型バイク)を取ることにしました。

本日から大型二輪免許を取るために自動車学校(教習所)通いを再スタートしています。

このページでは、普通二輪免許を取った後「すぐに」大型二輪免許を取った方が良いと考えた理由を紹介します。

普通二輪免許を取った後、大型二輪の免許を取るかどうかで悩んでいる方の参考となればうれしく思います。

普通二輪免許を取った後すぐに大型二輪免許を取った方が良いと考えた理由

何のために大型二輪の免許を取るのか?を改めて考えてみました。

僕が大型二輪の免許を取る理由は、乗りたいバイクKAWASAKIのNinja 1000SXとか、SUZUKIのGSX-S1000GTとかの排気量1000ccクラスの大型バイクだからです。

250ccや400ccクラスにも素晴らしいバイクがたくさんあるのですが、どうも今一つピンときません。

このクラスのバイクで僕が一番好きなモデルは、ホンダのCB-400SFです。2022年に生産終了のアナウンスがあったところです。CB-400SFのダークネスブラックメタリックのカラーは教習車のCB-400SFとは一線を画したカラーリングです。ものすごく気に入っていたデザインだったので大変残念です。

となると、公道でいきなり大型バイクに乗れる技術があるかどうかは別として、最低限の条件として大型二輪の免許を持っていない事には話が始まりません。

また、仮に今すぐ大型免許を取らなかったとしても、何年か後に大型二輪免許が欲しくなる予感がしていました。

大型二輪免許を取る時期の考察

では、普通二輪の免許取得後、大型二輪の免許をいつ取るのが良いのか?を考えてみました。

選択肢は2つあります。

  • 普通二輪免許(中型バイク)を取った直後
  • 400cc未満の中型バイクをしばらくの間乗ってから

僕は前者(=直後)を選択しました。

理由はただ一つです。

自動車学校(教習所)に慣れているメリットを最大限に活かせるからです。

教習所に慣れていることのメリット

教習所に慣れているというのは具体的に言うと以下のことを指します。

  1. 教習診断で何をやるか、どのくらい時間のかかるテストかを知っている
  2. 教習所の予約方法キャンセル方法を知っている
  3. プロテクターやゼッケンの借り方、ロッカーの使い方、バイクの出し入れの方法を知っている
  4. 教官教え方の癖を覚えている(教官も僕の顔を覚えていることがある)
  5. 教習所のコース(みきわめ、卒検)を覚えている
  6. 免許を取るために必要な走り方(教習所で要求される走り方)を覚えている
  7. 雨の日の教習の様子を知っている
  8. 教習に間に合うように自宅を出発する時刻をかなり正確に逆算できる

といったところです。

教習所通いに慣れてるってメチャクチャ大きなメリットです。

慣れていると疲れにくくなりますから。

疲れにくいと余裕が生まれますので、教官から受けた指示アドバイスもしっかり消化できます。

僕が初めて普通二輪の技能教習を受けた日ヘトヘトに疲れました(補習を宣告されたショックで疲れが倍増したという理由もありますが。。。)

また、第1段階の頃は教習の緊張感やバイクのスピードに対する恐怖心もあって、教官から受けた指導内容が頭からすっぽり抜けてしまった日もあります。

教習所を卒業してから時間を空けるデメリット

上で紹介した項目は時間が経つと徐々に忘れてしまうので、教習所で蓄えた経験値がリセットされてしまいます。もったいないですよね。

また、普通二輪の免許を取った後、自分で運転する期間が長いと、教習所で習ったことが徐々におろそかになって自己流の悪い癖が定着してしまう可能性があることも困ることの一つです。

例えば自己流の悪い癖の代表例として以下のようなことが挙げられます。

  • 停車時に右足を着く癖がついてしまう
  • 後輪ブレーキが使いこなせない
  • クラッチレバーやブレーキレバーを4本指で握らない
  • サイドスタンドを立てたまま乗車する

上に書いたようなことを教習所ですると注意されますし、検定中であれば減点される項目もあります。また、それぞれ順守すべき理由がありますよね。

このように考えていくと、普通二輪免許を取った後、大型二輪免許を取るまでの期間を空けるのは、メリットがないと思いました。

まとめ(大型二輪免許を取るタイミングはいつが良いか)

以下の条件を満たすのであれば、普通二輪の免許取得後すぐに大型二輪の免許を取ることをおススメします。

  • 最終的な目標が大型バイクに乗ること
  • 教習所に通う時間的な余裕があること
  • 教習代金を支払えること
  • (家族がいる場合は)家族の同意が得られること

理由は教習所に慣れていることのメリットを最大限に活かせるからです。

僕自身、これから最速、最低の教習料金で大型二輪の免許を取ることを目指します。

【追記】

早速、教習所で受け取ったハンドブックを見ると、第1段階のみきわめコースも、法規走行コース普通二輪の時と同じでした。既に一度記憶したコースですし、実際に走ったコースでもありますので、コースを覚える負担がめちゃくちゃ減ります♪