ワークマン(WORKMAN)のウィンドブレーカーを登山で使う3つのメリット

美しい景色、気持ち良い空気、美味しい食べ物、山頂まで登った時の達成感など、山には数多くの魅力があります。

「これから山登りを始めたい!」とお考えの方にとって

「山登り用の服って高いんでしょう?」という悩みがあるかも知れませんね。

そんなあなたに、ワークマン(WORKMAN)を紹介いたします。

このページで紹介している「透湿レインスーツ ストレッチ」は日本テレビ「シューイチ」で放送された事もあって、大人気商品となっている様子です。私の家の近くのワークマンのお店でも一部のサイズが売り切れになっていました。

ワークマン(WORKMAN)ってどんなお店?

私が抱いていたワークマンのイメージは「工事現場や工場で働く人が使う物を売っているお店」でした。

例えば、作業着、安全靴、軍手などが分かりやすい例だと思います。

工事や工場で使う物ですので、もともと「高耐久」「安全」などに配慮された設計になっています。

工事現場で働く人達の着る服を想像すると、どこか野暮ったい感じ(スミマセン)がしますので、工事や工場と無縁の方にとっては縁遠いお店かも知れません。正直なところ、普通の人にはあまり縁のないお店ですね。。

しかしながら、最近ワークマンで販売されている商品は、機能面だけでなくデザインにも優れた商品をたくさん揃えていますので、スポーツ、山登りやトレッキングなどのアウトドア、タウンユースなどでも、使ってみる価値のあるブランドだと思います。

機能面では、上に書いた「高耐久」「安全」以外にも、夏であれば「遮熱」「冷感」機能を高めた素材を使っていたり、冬であれば「防寒」「保温」性能を高めた素材を使っていたりします。

しかも、安い!

という訳で、近所にワークマンのお店がある方は、是非一度足を運ばれることをおすすめします。また、オンラインストアもありますので、こちらから商品を見て検討するのも良いかも知れませんね。



山登り用に使えるワークマンの高性能なウィンドブレーカー Field Core「STRETCH」の紹介

例えば、有名ブランドメーカーの「THE NORTH FACE」とか「Mont Bell」などで、山登り用のウィンドブレーカーを購入しようとすると、軽く◯万円を超えます。

そもそも自分に山登りが合ってるかどうかも分からない初心者の方に、何万円もするウィンドブレーカーを買うのは勇気がいりますよね。

ですが、ワークマンであれば、透湿レインスーツ「STRETCH」がなんと4,900円で購入できます。しかも、上着だけでなくてズボンまで付いています。

この透湿レインスーツをウィンドブレーカーとして山登りに使うのが私のおすすめポイントです。

仮に「自分に山登りは向いていなかった」となったとしても、大雨の時の防災グッズの一つとしても使えますので、無駄になることは無いと思います。

カッパ(レインウェア)売上ランキング第1位となった商品であることもうなずけますね。



透湿レインスーツ「STERETCH」の機能

詳しくはワークマンのサイトをご覧頂くのが良いと思いますが、代表的な機能を紹介します。

・伸縮性
ストレッチ生地を用いていますので、山登りの際の動きにフィットします。



・防水性
フロントファスナーと胸ファスナーは、水が入らないファスナーを採用。また上着の裾は後ろが長いので、動いても背中が出にくい設計になっています。

10,000mm/㎡ 24hの耐水圧(大雨でもOK)があります。



・透湿性
サイドのポケットは風通しを調整できるベンチレーションメッシュを採用していますので、寒暖に合わせることが可能です。



ズボンの不要な方には、「高撥水シェルジャケット」の選択もGood

「上着だけあればいい」という方には、こんな商品もおすすめです。

高撥水シェルジャケット

こちらの商品は、テフロン加工で、撥水、防汚に優れた高機能ジャケットです。防水の性能はありませんが、「少し風雨を防ぎたい」とか「ちょっと寒いときに羽織りたい」という登山のニーズにマッチすると思います。

しかも、軽量(220g)ですので、長時間着ても疲れにくい設計になっています。

何より嬉しいのはお値段ですね。なんと1,900円の安さです。

私は、シルバーグレーかライムイエローの色が好きですが、青(ターコイズブルー)、赤(レッド)、黒(ブラック)と4色取り揃えていますので、カップルや夫婦でお揃いにしてもいいですね。

どの商品もデザインがシンプルですので、あなたが持っている他のグッズとも合わせやすいと思います。

透湿レインスーツFieldCore「STERETCH」のデメリット

一言で言うと、通販サイトの写真が昭和な雰囲気なことです。

こんなページです。。

このレインスーツの立体感を敢えて出さないようにしてる写真なのではないかと思います。。

ワークマン(WORKMAN)のウィンドブレーカーを登山で活用する3つのメリットのまとめ

私の考えるワークマンの3つのメリットは以下の通りです。

・高機能(伸縮性、防水性、透湿性)

・デザインがシンプルでどんな格好にも合わせやすい

・上下揃って4,900円という安さ

今回の記事はワークマン(WORKMAN)のウィンドブレーカーをを山登りで活用することに絞って紹介しました。

他にも、ゴルフやサイクリングなどの用途に使える服もありますし、靴のラインナップも数多く揃っています。例えば、ワークマンの安全靴を山登りで使ってみるのも意外といけるかも知れませんね。

商品名に「ストレッチ」という言葉が入っているだけあって、とても軽くて動きやすいことが実感できました。外の気温を確認したところ10〜11℃ぐらいで、11月の日中の気温としては少し寒かったです。 歩き始める前は少し寒さを感じましたが、ちょっと歩くと体が温まり、レインスーツSTRETCHのおかげで快適な散歩が楽しめました。

ワークマン ヘリンボンカーゴパンツ(WM3124)は爆発的なヒット商品になるかも

ワーキングウェア小売No.1 プロが認める品質を普段使いに!ワークマン

ワークマンの腰サポートベルトは安くてGood

ワークマンのデジタルカタログ

ワークマンの最新の商品がデジタルカタログで紹介されています。

電子書籍のような感じでワークマンの商品を一通り閲覧できますので、パラパラと見てるだけでも楽しいです。

また、ワークマンの提案するコーディネートだけでなく、スーツやきれいめな私服に合わせて着たらどうなるかなって想像しながら見るのも楽しいですね。

女性用の服や靴のラインナップがまだまだ少ないですので、今後に期待したいですね。

ワークマン最新カタログ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク